メンバー検索 | 協和特許法律事務所

メンバー検索

メンバー検索

猿山 純平SARUYAMA  Jumpei

資格種別 弁理士
部門 商標部、意匠部
専門分野 商標、意匠一般

経歴概要

明治大学法学部卒業後、2年間の特許事務職を経て、2014年弁理士登録し、大手特許事務所で4年間勤務した。
2018年に協和特許法律事務所に異動し、事務所では外資系企業や大手総合電気メーカー、IoT分野等の企業の国内外での商標及び意匠の権利化業務に従事する。権利侵害や模倣品対策の対応も行っており、出願前から権利化後までの各種事件を一貫して担当する傍ら、特許事務職の経験を活かし、各種事務手続にも精通している。
日本弁理士会の商標委員会にも所属しており、2021年度は副委員長を務め、主に国際的な制度設計に携わっている。
また、日本商標協会やJAFBICの商標委員会の外部団体にも所属し、常に知識の研磨を行っている。

合田 幸平GODA  Kohei

資格種別 弁理士
部門 機械部
専門分野 光制御系等の光学系に関する部材・装置、自動車用部品、その他機械一般

経歴概要

2011年京都大学理学部理学科卒業後、同大学大学院理学研究科に進学、修士課程を修了した。
2014年に協和特許法律事務所に入所、在職中の2018年に弁理士試験に合格した。
部品、装置、システム等の様々な発明に関して、国内・外内・内外案件の特許出願から権利化を中心とする業務を行っている。

三並 大悟MINAMI  Daigo

資格種別 弁理士
部門 電気部
専門分野 半導体装置(パワーデバイス、光半導体、メモリ、イメージセンサ)、半導体製造装置、電力機器、自動車部品、光学機器(照明装置、プロジェクタ)、インクジェットプリンタ、医療機器(X線機器、自動分析機器)、通信機器、その他電気一般

経歴概要

1998年同志社大学工学部機械システム工学科を卒業後、総合電機メーカーに入社した。入社後は、約8年間パワー半導体モジュール(IGBTモジュール、IPM)の応用技術部門において、商品企画、製品評価、顧客対応等の業務に従事した。その後、特許事務所の電気/機械部門にて、約9年間半導体製品、光学機器、通信装置、インクジェットプリンタに関する国内外における権利化業務に従事した。
2015年に協和特許法律事務所に入所し、2018年に弁理士試験に合格した。事務所では、半導体製品、電力機器、自動車部品、医療機器、印刷装置、通信機器等の国内外における権利化業務に携わる。

鈴木 いづみSUZUKI  Izumi

資格種別 弁理士
部門 商標部
専門分野 知的財産関連訴訟、契約、その他法律一般

経歴概要

同志社女子大学学芸学部英文学科を卒業後、名古屋大学大学院国際開発研究科及び英国イーストアングリア大学開発学部修士課程において開発途上国の支援について研究し修士号を取得、その後、約15年間、コンサルタント会社や実施機関等で、政府開発援助業務に従事した。
2019年に弁理士登録、協和特許法律事務所に入所して、商標業務に従事している。

中島 伸吾NAKASHIMA  Shingo

資格種別 弁理士
部門 化学部
専門分野 生化学、遺伝子工学、薬学、有機化学、その他バイオ・化学一般

経歴概要

2009年東北大学薬学部総合薬学科卒業、薬剤師登録をし、東北大学大学院薬学研究科 生命薬学専攻修士課程に進学。2011年修士課程修了後、医薬品メーカーに入社した。
医薬品メーカーでは皮膚疾患治療薬の研究、開発、製造等に8年間従事し、主にニキビ治療薬の上市に貢献した。在職中、2018年に弁理士試験に合格した。
翌年協和特許法律事務所に入所し、製薬メーカー、化粧品メーカー、食品メーカーを含む様々な国内外のクライアントに対し権利化業務を中心に知財業務支援を行っている。

小甲 顕史KOKABU  Akifumi

資格種別 弁理士
部門 電気部、意匠部
専門分野 特許:電気(半導体、医療機器、ソフトウェア、情報処理)、制御(機械制御、半導体製造装置)、素材、応用物理、その他電気・物理一般
意匠:電子機器(スマートフォン、オーディオ機器等)、装飾品(アクセサリー、指輪、ネックレス等)、工業デザイン、その他意匠一般

経歴概要

2007年に慶應義塾大学理工学部を卒業後、航空自衛隊に入隊した。航空自衛隊では、対領空侵犯措置(スクランブル対処)、日米共同作戦(弾道弾ミサイル防衛システムの構築、共同訓練)、災害派遣(東日本大震災)関連業務に従事した。なお、航空自衛隊在職中に理学修士と、弁理士資格とを取得した(現在は、予備1等空尉として予備自衛官に登録)。
2016年に松下政経塾に入塾し、国内外で安全保障研究を行った。特に、防衛産業(防衛装備の研究開発メーカー)と、機微技術管理の観点から、日本の安全保障体制のあり方を研究した。
2021年に同塾を卒塾後、協和特許法律事務所に入所し、弁理士登録した。事務所では、明細書作成/中間処理などの権利化業務に携わる。その他、日本弁理士会中央知的財産研究所の運営委員として、知的財産研究にも携わる。

丸島 裕MARUSHIMA  Yutaka

資格種別 弁理士
部門 化学部
専門分野 高分子材料、感光性材料、接着剤、その他有機化学一般

経歴概要

2004年に東京工業大学理学部化学課を卒業後、2006年に東京工業大学大学院理工学研究科化学専攻修士課程に進学した。修士課程修了後、IT関連会社に入社し、システム開発関連の業務に携わった。その後、特許事務所に入所し、総合化学メーカー、電子材料メーカー、粘着剤メーカー等の国内の企業における国内外での出願、権利化手続きを行った。その間、弁理士試験に合格した。2020年に協和特許法律事務所に入所した。協和特許法律事務所では、総合化学メーカー等の国内外の企業をクライアントとし、国内外での権利化業務を中心に知財業務支援を行っている。

河﨑 亮KAWASAKI  Ryo

資格種別 弁理士
部門 電気部
専門分野 医療機器(X線画像診断装置、OCT装置、歯科関連機器など)、光学、その他電気一般

経歴概要

2012年中央大学理工学部卒業後、同大学大学院理工学研究科修士課程に進学、修了した。
修了後、医療機器メーカーに入社し、約2年間X線画像診断装置、歯科関連機器などの医療機器に関する開発設計に従事した。その後、同社知財室にて、約4年間X線画像診断装置、OCT装置、歯科関連機器に関する発明発掘、権利化、先行技術調査、クリアランス調査及び知財管理などの業務に従事した。
2019年に弁理士試験に合格、2021年に協和特許法律事務所に入所した。事務所では、主に医療機器、光学、衛生用品などの権利化業務に従事する。

渡辺 浩司WATANABE  Koji

資格種別 弁理士
部門 化学部
専門分野 医薬品、食品、化学工業製品(有機・無機)等を含むバイオ・化学一般

経歴概要

2002年に東京大学理学部を卒業後、東京大学大学院理学系研究科では分子遺伝学・細胞生物学的観点から分裂酵母の生殖課程についての研究を行った。
2005年以降、複数の特許事務所・特許法律事務所にての勤務を経験するとともに、2006年に弁理士登録、2018年に特定侵害訴訟代理業務付記の登録を行い、化学・生命科学分野の出願を幅広く取り扱っている。
2019年から2021年の間、日本弁理士会会長室付で独立行政法人日本貿易振興機構に出向し、知財活用・知財戦略についての研究・執筆・講演活動や日本企業の海外展開支援に従事し、論文・各種レポートを多数執筆した。
2021年より協和特許法律事務所に勤務。内外出願人の特許出願の権利化業務を得意とするほか、外国特許権の権利化、各種審判、係争関連の業務経験も豊富に有している。英語、韓国語、ドイツ語を得意としており、手続にあたって現地語にて発信された情報の的確な把握に努めている。

鈴木 孝典SUZUKI  Takanori

資格種別 弁理士
部門 化学部
専門分野 材料、生化学、その他バイオ・化学一般

経歴概要

2009年首都大学東京都市教養学部(現・東京都立大学理学部)を3年間で卒業し、同大学院人間健康科学研究科博士前期課程に飛び入学をした。博士前期課程を修了後、2011年に情報通信サービス会社に入社し、システムエンジニアとして化学工場向けの制御プログラムの作成等に従事しながら、2014年に弁理士試験に合格した。
他の特許事務所にて国内外の権利化業務に5年間従事した後、2021年に協和特許法律事務所に入所。協和特許法律事務所では、包装材料に関する技術分野を中心に、国内外の権利化業務等に従事している。

中村 有佑NAKAMURA  Yusuke

資格種別 弁理士
部門 商標部
専門分野 商標一般

経歴概要

慶應義塾大学法学部法律学科を卒業後、東京大学法科大学院に進学、修了。
衣料品会社にて法務および知的財産関連業務に従事し、その間、2018年に弁理士試験に合格した。
2019年に弁理士登録し、他の特許事務所にて中小企業を主なクライアントとして国内外の商標出願および権利化業務に従事した。
2021年に協和特許法律事務所に異動し、商標業務に従事している。

朱牟田 奏人SHUMUTA  Minato

資格種別 弁理士
部門 機械部
専門分野 自動車部品、光学フィルム、生産技術、配線基板、機械要素、その他機械・構造に関する技術一般

経歴概要

2015年に慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科を卒業後、ドイツ系自動車部品メーカーの日本支社に入社。約4年半にわたって、欧州、中国、日本市場向け乗用車のガソリンエンジン制御ユニットの開発に携わるエンジニアとして勤務した。開発では、主に、三元触媒といった排気浄化システムの自己診断(劣化/故障検知)機能の車種/市場適合や客先納入品の車両試験に携わった。
なお、在職期間中にドイツ本社に出張し、日本支社との調整業務や開発業務に従事した経験を有する。
2019年に協和特許法律事務所に入所し、2020年に弁理士試験に合格した。事務所では、自動車部品、光学フィルム、織機及び油圧システム等に関する出願業務及び中間処理業務に従事し、国内外の権利化業務に従事している。

吉武 賢次YOSHITAKE  Kenji顧問

資格種別 弁護士
部門 訟務部
専門分野 知的財産関連訴訟、契約、その他法律一般

経歴概要

2001年~2009年所長
東京大学法学部卒業後、運輸省に入庁し6年間勤務した。その後、1972年協和特許法律事務所に入所。
弁護士、弁理士として知的財産権に関する業務に従事し、事務所では2001年より所長、会長職を務める傍ら、WIPO仲裁人調停人候補者、日本知的財産仲裁センター調停人仲裁人候補者に登録され、日本弁護士連合会知的財産制度委員会委員の副委員長、日本弁理士会特定侵害訴訟代理権付与前の研修における講師を務める等、知的財産権侵害訴訟と訴訟外の紛争解決手続き制度の理論・啓発に貢献した。
また、AIPPI(国際知的財産保護協会)日本部会における理事および常任理事を歴任し、知財制度の国際的調和に向けた活動を行うとともに、中松記念スカラーシップ委員会委員長として日本への知財留学生への奨学金制度を指揮し、アジアにおける知財人材の育成にも従事した。
更にAPAA(アジア弁理士協会)では、模倣品防止委員会の本部委員を10年間にわたって務めるとともに、同委員会の日本部会委員も9年務め、アジア地域での模倣品対策の活動を精力的に行った。

永井 浩之NAGAI  Hiroshi顧問

資格種別 弁理士
部門 機械部、顧問
専門分野 プリント技術、環境処理機、半導体製造装置、金属材料、光学素子、その他機械一般

経歴概要

2015年~2019年代表パートナー
1975年早稲田大学理工学部卒業後、同大学大学院修士課程に進学。修了後、東京都下水道局に入社し、下水処理機械設備の開発設計と管理に携わるエンジニアとして8年間勤務した。
1985年に協和特許法律事務所に入所し、20年以上機械部門部長職を務めた後、2015年代表パートナーに就任した。代表パートナー退任後、2019年顧問に就任した。
30年以上にわたり、国内外の機械関係の大企業、中小企業の権利化業務に従事し、知財の係争業務において豊富な経験がある。

朝倉 悟ASAKURA  Satoru顧問

資格種別 弁理士
部門 意匠部、顧問
専門分野 意匠

経歴概要

2015年~2020代表パートナー
千葉大学工学部工業意匠学科卒業後、同大学大学院修士課程に進学。大学及び大学院ではインダストリアルデザインを研究した。修士課程修了後、特許庁意匠審査官として13年間、通商産業省に4年間勤務した後、1994年に弁理士登録をした。2006年に協和特許法律事務所に入所し、入所後は国内外のクライアントの権利化業務とともに、訴訟等のサポート、コンサルティング業務を行っている。
代表パートナー退任後、2020年より顧問として人材育成にも従事している。

論文

  • 1991年のEC委員会「インダストリアルデザインの法的保護に関するグリーンペーパー」を読み返す / 一般社団法人 日本デザイン保護協会「DESIGN PROTECT No.110 2016」

中村 行孝NAKAMURA  Yukitaka顧問

資格種別 弁理士
部門 化学部
専門分野 物理化学、無機化学、有機化学、金属材料、ファインセラミックス、その他化学一般

経歴概要

東京理科大学理学部では主に無機化学、物性化学および物理化学の分野を研究し、特に「金属の腐食メカニズム」についての論文を納めた。卒業後、1984年弁理士登録した。協和特許法律事務所入所後は、主に、欧州、米国の化学系企業を中心としたクライアントの権利化業務とともに、各種調査、鑑定業務、侵害訴訟に向けたコンサルティング業務を行い、日本のクライアントに対しては、権利化業務と共に、訴訟、ライセンスに向けたコンサルティング、各種知財教育の経験も豊富である。

Copyright© Kyowa Patent and Law Office.All Rights Reserved.