ホーム > 事務所案内 > 概要 - 事務所概要

概要 - 事務所概要

当事務所について

*

協和特許法律事務所は、1908年に創立された、110年の歴史を有する知的財産分野の総合事務所です。当事務所は、電気、機械、化学、商標、意匠、訟務などの部門を有し、知的財産分野の全般において専門部門ごとに質の高いサービスを提供してまいりました。

当事務所は我が国で最初に抽象名詞を事務所名に採用した事務所であり、「協和」という事務所名は、「事務所は、特定の個人の所有物ではなく、事務所を構成する全ての人々との協力により和をもって構成されるべき」との理念に由来するものです。このような理念のもと、当事務所には、経験豊富なベテランから新進気鋭の若手まで、約60名の弁理士及び弁護士がバランスよく所属しております。

当事務所の特徴といたしましては、創立110年の伝統により蓄積されたノウハウに加えて、案件ごとに専門性の高い担当弁理士が、国内のみならず海外の権利化手続及びそのための各種相談、更にはその権利行使に至るまで、時には弁護士とも緊密に連携しながら、一貫して関与できる体制を整えていることが挙げられます。こうした体制のもと、弁理士及び弁護士は幅広い経験と知識を習得することができ、クライアントに対して案件ごとに一貫した質の高いサービスを提供することが可能となります。

協和特許法律事務所は、創立110年の伝統を誇りとしながらも、決してそれに甘んじることなく、クライアントの期待に最大限に応えるべく、今後ともより一層のサービスの向上に誠心誠意努めてまいります。