検索結果 訟務部 | 協和特許法律事務所

メンバー検索

検索結果 訟務部

該当件数 5

宮嶋 学MIYAJIMA  Manabu代表パートナー

資格種別 弁護士 弁理士 カリフォルニア州弁護士
部門 訟務部 意匠部 商標部 中国室
専門分野 知的財産関連訴訟、契約、その他法律一般、商標一般

経歴概要

1997年に東京大学工学部都市工学科を卒業後、2001年に協和特許法律事務所に入所し、弁護士、弁理士業務に従事。2007年にフルブライト奨学生として米国に渡り、2008年ニューヨーク大学ロースクールで修士号を取得し、2009年にカリフォルニア州弁護士登録を行った。2014年から2015年にドイツのマックス・プランク知的財産法・競争法研究所のミュンヘン知的財産法センターにて知的財産法を専攻し、修士号を取得した。日本国際知的財産保護協会(AIPPI JAPAN)の理事など、各種知財団体の会員、委員会委員を務める。
事務所では、特許、商標、意匠、著作権、不正競争等の知的財産関連の侵害訴訟、審決取消訴訟、警告交渉、契約書関連業務、鑑定、各種相談の他、その他一般企業法務などを多数取り扱い、数十億~百億円の損害賠償規模まで特許侵害訴訟の経験を有する。
近年は商標出願業務も担当し、商標の権利取得・権利保持・権利行使につき総合的なサービスも提供している。

論文

  • 判例研究 知財高判平成22.1.14(平成20年(行ケ))第10235号事件:実施可能要件の審理に当たっての発明の要旨認定とリパーゼ最判
    ※A.I.P.P.I: Journal of the Japanese Group of the International Association for the Protection of Intellectual Property 57巻1号6-22頁、他

髙田 泰彦TAKADA  Yasuhiko

資格種別 弁護士・弁理士
部門 訟務部、中国室
専門分野 訟務/知的財産関連訴訟、契約、その他法律一般

経歴概要

2000年に東京大学工学部電子工学科を卒業後、2003年に司法試験に合格し、司法修習終了後の2005年に協和特許法律事務所に入所した。    
2005年に弁護士及び弁理士登録を行い、技術のバックグラウンドを有する弁護士及び弁理士として業務を開始し、知的財産法等に関する法律相談、鑑定、契約交渉、警告事件、訴訟事件、特許庁における審判事件、特許出願などの業務に従事している。

柏 延之KASHIWA  Nobuyuki

資格種別 弁護士・弁理士
部門 訟務部、商標部、中国室
専門分野 知的財産関連訴訟、契約、その他法律一般

経歴概要

2002年東京大学薬学部卒業、薬剤師登録をし、同大学大学院薬学系研究科修士課程に進学。2004年修了後、大東文化大学法科大学院に進学し、2007年修了後、2008年弁護士登録、2010年弁理士登録を行った。  
2008年12月協和特許法律事務所に入所し、主に国内外の製薬メーカー、化学メーカー、食品メーカー、日用品メーカー等の侵害訴訟、審決取消訴訟、警告交渉、契約書関連業務、鑑定、各種法務相談、及び商標、意匠、著作権、不正競争等の知的財産関連、その他一般企業法務などを多数取り扱う。また、2015年よりAIPPI(国際知的財産保護協会)において定期刊行物の編集委員を務める。

論文

  • 特許侵害訴訟における損害賠償額の算定に関する知財高裁大合議判決 /AIPPI(2021) Vol.46 No.1
  • 特許法102条2項、3項に基づく損害額の算定方法及びその考慮要素について(令和元年6月7日知財高裁特別部判決)/ AIPPI Japan(2020) Vol.65 No.3
  • Intellectual Property in Electronics and Software /Globe Law and Business(2019)
  • 均等侵害成立要件に関する最高裁判決 /AIPPI(2018) Vol.43 No.1
  • 均等侵害成立要件に関する知財高裁大合議判決 /AIPPI(2017) Vol.42 No.1
  • 数値限定発明の特許性判断における実験データを巡る攻防の留意点 /知財管理(2015) Vol.65 No.8

砂山 麗SUNAYAMA  Rei

資格種別 弁護士・弁理士
部門 訟務部、商標部、中国室
専門分野 知的財産関連訴訟、契約、その他法律一般

経歴概要

2002年上智大学法学部法律学科卒業後、信託銀行に勤務の後、2007年早稲田大学大学院法務研究科に進学。修了後、2014年弁護士登録をし、他の法律事務所に1年間勤務した。
2015年に協和特許法律事務所に入所し、2016年弁理士登録を行った。事務所では、知的財産法等に関する法律相談、鑑定、契約交渉、警告事件、訴訟事件、特許庁における審判事件、商標出願などの業務に従事している。

吉武 賢次YOSHITAKE  Kenji顧問

資格種別 弁護士
部門 訟務部
専門分野 知的財産関連訴訟、契約、その他法律一般

経歴概要

2001年~2009年所長
東京大学法学部卒業後、運輸省に入庁し6年間勤務した。その後、1972年協和特許法律事務所に入所。
弁護士、弁理士として知的財産権に関する業務に従事し、事務所では2001年より所長、会長職を務める傍ら、WIPO仲裁人調停人候補者、日本知的財産仲裁センター調停人仲裁人候補者に登録され、日本弁護士連合会知的財産制度委員会委員の副委員長、日本弁理士会特定侵害訴訟代理権付与前の研修における講師を務める等、知的財産権侵害訴訟と訴訟外の紛争解決手続き制度の理論・啓発に貢献した。
また、AIPPI(国際知的財産保護協会)日本部会における理事および常任理事を歴任し、知財制度の国際的調和に向けた活動を行うとともに、中松記念スカラーシップ委員会委員長として日本への知財留学生への奨学金制度を指揮し、アジアにおける知財人材の育成にも従事した。
更にAPAA(アジア弁理士協会)では、模倣品防止委員会の本部委員を10年間にわたって務めるとともに、同委員会の日本部会委員も9年務め、アジア地域での模倣品対策の活動を精力的に行った。

Copyright© Kyowa Patent and Law Office.All Rights Reserved.