ホーム > 知財情報 > 特許・実用新案審査ハンドブック改訂

知財情報

特許・実用新案審査ハンドブック改訂

 2016年9月28日付けで、「特許・実用新案審査ハンドブック」が改訂されました。改訂された主な改訂項目は、以下の三つです。

  • 1)プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する審査の取扱いの公表
  • 2)IoT関連技術に関する12事例の追加
  • 3)職権訂正する場合に出願人側と事前に連絡して応対記録を作成する旨の追加記載

 上記1)では、「不可能・非実際的事情」に該当する具体例と、製造方法によって生産物を特定しようとする記載が特許請求の範囲にある場合における新規性の判断の明確化に資する事例が追加されました。

 詳細は、以下の特許庁サイトをご参照下さい。