ホーム > 知財情報 > EPO審査料の全額返還

知財情報

EPO審査料の全額返還

 2016年7月1日以降、実体審査開始前の欧州特許出願を放棄する場合、審査料が全額返還されます。以前は、審査料の75%の返還しか認められていませんでした。

 EPOは、実体審査を開始する2ヶ月以上前に、審査を開始する日付を出願人に書面(Form 2919)で通知することになりました。この日付は、包袋記録として参照できます。なお、当初は、全出願について、この書面が送付されるわけではありません。徐々に増やしていくようです。

 2016年11月1日以降に実体審査を開始する欧州特許出願については、1回目の拒絶理由通知(規則94条(3))の応答期限前に出願を放棄した場合、審査料の50%が返還されます。なお、規則94条(3)の通知なしで、特許付与予定通知(規則71条(3))を受けた場合、審査料の50%返還は受けられません。詳しくは、下記のEPOサイトをご参照ください。