ホーム > 採用情報 > 当所の取組み - 更なる質の向上へ

当所の取組み - 更なる質の向上へ

欧州特許庁審査官を迎えて

2010年10月21日に、欧州特許庁(EPO)の審査官4名の訪問を受けました。 EPO審査官の当所へのご来訪は、2006年秋以来2度目となります。

当日は、EPO審査官から以下の3つのテーマについて、約2時間にわたるプレゼンテーションが行われました。

  1. An introduction to the EPO and the European patent system
  2. Fair Basis for Amendments
  3. Raising the bar

プレゼンテーションの内容は欧州特許出願の実務に直結するものであり、 当所の参加者からは多くの質問がなされましたが、 それぞれの質問に対して丁寧且つ真摯にご回答頂くことができました。

プレゼンテーション終了後には懇親会が催され、当所の弁理士及び外国事務スタッフがEPO審査官と交流を深めることができました。 懇親会の席上では余興として、日本企業の欧州戦略をテーマとしたディベートが行われ、 欧州特許をもっと重視すべきとする賛成派と、これを否定する反対派との間で白熱した議論が展開されました。

EPO審査官の皆様からは、次回来日の際にも是非当所を訪問したい旨のお話しを頂きましたので、 当所と致しましても、欧州特許実務のスキル(及び英語でのコミュニケーションスキル)を さらに向上させながら、次回の訪問を楽しみに待ちたいと思います。